【レビュー】連射機能付きSwitch用コントローラー「ホリパッド for Nintendo Switch」を使ってみた

ゲーム/アプリ

世間はゴールデンウィーク真っ盛りな時期ですが、今年は新型コロナウイルスの影響で外出がしづらく、また先日モンスターハンターライズが発売・アップデートされたこともあり、おうちでSwitchで遊んでいる人が多いのではないでしょうか。

Switchは付属品のJoy-Conでも操作できますが、やはりゲームパッドがある方が操作感は快適になります。Switch用のゲームパッドといえば純正品のNintendo Switch Pro コントローラー(プロコン)がまず候補に上がりますが、定価が約7000円と若干お高くなっています。

そこでこの記事では、ニンテンドーライセンス商品でありながら純正コントローラーの半額以下で買えるSwitch用ゲームパッド「ホリパッド for Nintendo Switch」の特徴や、ホリパッドの導入をおすすめしたい人の条件について紹介いたします。

ホリパッド for Nintendo Switch の特徴

外観

ボタンやスティックの配置などはプロコンに近い形状で、連射機能制御用のボタンが中央に追加されています。

ちなみにプロコンと並べてみるとこんな感じで、サイズ感はほぼ同等です。

側面から見ると、プロコンと比較してZL/ZRボタンの下部に厚みがあることがわかります。

プロコンの側面
ホリパッドの側面

ちなみに十字キー(カバー)を外して方向ボタンで操作することもできます。また、外したカバーはコントローラー背面にはめ込んでおくことができるので邪魔にならず、紛失の心配もありません。

写真を見てもらえればわかる通り、方向ボタンはカバーの厚みの関係から窪んだ位置に配置されているので、正直押しづらいです。

十字キーでの操作は特に問題なくできますので、よほどのこだわりがない限りはカバーは付けたまま使うことになると思われます。

連射機能

プロコンには搭載されておらず、ホリパッドの売りとも言える大事な機能です。

中央のTURBOボタンを押しながら連射したいボタンを押すことで、連射モード(ボタンを押しっぱなしにすると連打)を有効にすることができます。また、その状態で再度同じ操作をすると連射ホールド(何もしなくてもボタンを連打)状態になります。

取扱説明書の抜粋(連射設定方法)

また、TURBOボタンを押しながら右スティックを上下に傾けることで、連射速度を切り替えることもできます。連射速度に応じてインジケーター(ランプ)の点滅速度が変わるので確認しやすくなっています。

ゲームによっては連射速度を上げすぎると入力が一部検知されなくなることがあり逆に効果が落ちる場合もあるので、ほどよい速度に調整できるのは便利です。

取扱説明書の抜粋(連射速度切替)

使用感

モンスターハンターライズで数時間使用してみました。

ボタンやスティック等の全体的な操作感はプロコンと比較しても遜色なく快適に使えました。また、ケーブルを除いた本体重量が170gと軽い(プロコンは246g)ので、長時間使う場合はむしろプロコンより楽かもしれません。

ただ気になった点としては、ZL/ZRボタンの下部に厚みがある影響で、LR系ボタンを押しっぱなしにする操作のために人差し指と中指の間を大きく広げる必要があるところが挙げられます。手が小さい人にとってはやや辛い操作感だと思われます。

残念ながら魚を釣っても振動はしません・・・・・……

ホリパッド for Nintendo Switch に向いている人

機能性や使用感をまとめると、以下の条件に合う人にはホリパッド for Nintendo Switch をおすすめできます。

  • ゲームパッドにあまり値段をかけたくない
  • 品質面での安心感は欲しい(※ホリパッドはライセンス商品)
  • 連射機能が欲しい
  • 振動・ジャイロ機能が必要(重要)なゲームをしない
  • 無線より有線派
  • ある程度手が大きい

ジャイロセンサーをエイムに活用するスプラトゥーン2等を遊びたいのであればホリパッドは厳しいと思われますが、モンスターハンターライズに関しては特に問題なく遊ぶことができました。また有線ではありますが、ケーブル長が3mと長いので ほとんどの環境で問題なく使用できると思います。

連射ホールド機能があるので放置鉱石掘りしたい人も安心!(ご利用は自己責任でお願いします)

まとめ

ホリパッド for Nintendo Switch はSwitch用コントローラーとして最低限の機能+連射機能があり、Switch用の安価なゲームパッドを求めている人にはおすすめの商品です。

とはいえ予算に余裕があり、無線接続やジャイロ機能等も活用したいのであれば やはり純正品のプロコンがおすすめです。(ホリパッドの無線対応ゲームパッドもありますが、値段がプロコンとそれほど変わりません)

ゲームプレイ環境全般の改善に興味がある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

この記事を書いた人
ばし

ゲームを作る会社で働いています。

実益(他社事例研究など)を兼ねた趣味として、家庭用ゲーム機またはPC向けのゲームをよくプレイしています。
ゲーム歴は約20年で、好きなジャンルはアクションです。

このブログでは、面白かったゲームのレビューや、ゲームを楽しむ上で役立つグッズ等の情報を発信しています。

ばしをフォローする
ゲーム/アプリ
ばしをフォローする
ばしログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました